ビタミンC誘導体・化粧品

ご相談コーナー ショップのご案内 ピアベルピア化粧品 オールアイテム ご注文方法 個人情報の保護 特定商取引法の表示

 こんなに違ってくるの!これであなたもきれいになれる「スキンケア6つのポイント」

皮膚科専門医からの一言アドバイス
 第一回 にきび・吹き出物はなぜできるの?
▲皮膚科専門医からの一言アドバイスTOPへ

 

 

ニキビって年齢によって何か違うと思いませんか?
その違いはニキビと吹き出物という呼び方の違いではなくできる原因も違うのです。

若い頃に出来るニキビは、皆さんご存知のとおり皮脂の分泌が活発になることで毛穴が詰まる面庖(白ニキビ)ができることが主な原因です。
20歳をこえたころからの大人のニキビは、毛穴の角化亢進といわれ、ニキビができる毛穴の出口付近の壁が剥がれ落ちずに分厚くなって詰まってしまうことが主な原因です。
おまけに多くの場合は、皮膚がとても乾燥しているため、乾いて傷つきやすくなった肌を守ろうとして余分な皮脂を出すという悪循環をともなっています。

皮脂は毛穴を通って皮膚の表面に運び出されるので、大量の皮脂が狭い出口に殺到すると、高速道路の料金所で車が渋滞するのと同じように、出られなくなります。
あまり多い皮脂の量ではなくても、出口が詰まったり、極端に狭くなったのでは同じように行き場を失ってしまいます。
毛穴は破壊されてしこりを作ったり、ニキビ菌によって大きな赤ニキビを作ることになってしまいます。

なぜこんな事が起こるのかというと、男性ホルモンの関係も大きいのですが、意外と多いのが間違ったスキンケアなのです。

自分の肌を、ニキビだから脂性肌!と早合点して脱脂力の強い洗顔剤を使っている。
基礎化粧品をつけると悪くなるから全く使わない。
乾燥が気になるので、しっとり感の強い化粧品を何種類もつけている。
このような間違ったケアの積み重ねが、ニキビも出来るけれど、乾燥して突っ張って、時々かゆくなって、という典型的な大人のニキビの原因になるのです。

ニキビ肌に本当に必要なのはどのようなお手入れなのでしょうか?
洗顔は、脱脂力のあまり強くない洗顔剤を選び、十分な泡をたてて優しくこすらないで洗ってください。
大切なのはその後の保水です。
化粧水はとても大切なので、何度も何度も繰り返して肌に必要な十分な量を肌に吸い込ませてください。
付ける時はコットンではなく、手のひらに伸ばし、肌を傷つけないように優しく軽く押えるようにしてつけてます。

最後は、せっかく補給した水分が蒸発してしまわないように、乳液やクリームでフタをします。
あまり乾燥していない方はなるべく軽い乳液やジェルのようなものを、乾燥の強い方も出来るだけ油分の含まないクリームなどを使用してください。

紫外線はニキビができるのにも、跡を残すことにも悪い影響を及ぼします。
かならず外出の時には、日焼止めを使用してください。

ニキビはチョッとした事で良くなったり悪くなったりします。
正しいお手入れを覚えてきれいな肌を維持してくださいね。

 

 
▲皮膚科専門医からの一言アドバイスTOPへ

 

      神戸市須磨区前池町3−2−1
         小林皮膚科医院
      電話:078−732−2235
        院長 渡辺 雅子 先生

      日本皮膚科学会      会員
      日本臨床皮膚科医学会  会員
      日本形成外科学会     会員

詳しい場所は  

▲皮膚科専門医からの一言アドバイスTOPへ
ご相談コーナーショップのご案内ピアベルピア化粧品オールアイテム
ご注文方法個人情報の保護特定商取引の表示TOP


Copyright 2005 Cosmed Inc. All rights reserved.